2014/10~2014/12 活動報告

本年もよろしくお願いします。

平成27年の新春を謹んでお慶び申し上げますとともに皆様の本年のご健康とご活躍、ご多幸を心よりお祈り申し上げます。
昨年の総選挙は、年末のお忙しいところ、また寒い日が続く中で、多くの皆様に真心のご支援を賜り、お蔭様で「維新の党」は北関東比例ブロック3名、全国で41名当選と、大健闘をさせていただきました。心より厚く感謝申し上げます。
「アベノミクス」も、グローバル経済が進み、生産拠点が海外へと移って産業が空洞化する中で、金融緩和と旧態依然たる公共事業では限界が見えて来ています。
国民と次世代にツケ回しをしないためには、既得権益を打破する構造改革を進め、国民の創意工夫により経済を再建し、安心・安全社会を築かねばなりません。
今年も頑張りますので、皆様の更なるご理解とご支援を賜りますよう切にお願い申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。

改革勢力結集に向けて

昨年末の総選挙は、民主党が大勝した「政権交代選挙」よりも、自民党が1881万票から1765万票に、公明党が805万票から731万票に政党得票数を減らしたにも関わらず、議席数では、自民党291、公明党35と475議席中326議席と3分の2以上の議席を得て大勝しました。
小選挙区制は本来、2大政治勢力による政権選択選挙であるべきで、野党がバラバラであれば、一強多弱の政治状況となるのは当然です。
解散総選挙が決定的となる中で、民主・維新・みんな・生活の4党が選挙区調整を始め、それを機にみんなと生活の党が分裂し、時間不足で中途半端な調整に終わったのでは、国民・有権者の受け皿とはなり得ません。
今後は、この結果に学び、改革勢力の結集に向け大同団結を図らねばならないと考えます。

空白区対策や他候補応援に

私の選挙区では公示1週間前まで民主候補と競合し、比例単独候補となることで北関東ブロックの調整を完成させ、もう一段上の選挙協力に進めるべく努力しました。
埼玉では選挙区調整が混迷し、現職の外は選挙区が決まらずに準備が遅れ、埼玉3名、北関東で計5名の小選挙区候補者は、協力が進めば当選出来るはずが、現職を含め全員が落選しました。
私は、空白区が多く苦戦を予想した比例区で、「身を切る改革」「実のある改革」や「増税の前に議員定数削減などの約束を果たす」と訴えました。
駅頭でも激励の声をいただき、江田代表の陣頭に立っての活躍もあり、比例北関東ブロックで3名、全国でも、前議席の42名ほぼ維持の41名が当選出来ました
政界再編の核となり得る数と確信します。
日本は、経済・財政はじめあらゆる領域で課題が山積しています。
いずれも難題ですが、明日に希望が持てる社会とするため、解決のお役に立てるよう全力を尽くしたいと思います。

維新の党4月統一地方選の公認・推薦候補を公募

2015年は統一地方選挙の年でもあります。
埼玉県では、4月12日に県議会議員選、26日には所沢市、ふじみ野市、三芳町会議員選など、8月には県知事選、また7月には狭山市長選、10月には所沢市長選などが実施される予定です。
県内では低投票率が続き、所沢市では前回県議選が41・26%、市議選が41・14%、市長選が34・68%の低さです。
維新の党では、多くの方々に政治への関心を高めるためにも、信頼の政治を進める人材たる公認推薦候補を公募します。
応募資格は25才以上で、3ヶ月以上当該選挙区に居住し、愛郷精神とより良い社会づくりに意欲あふれる方です

全国バレーボール大会を開催

10月18日と19日の両日、所沢市民体育館にて、「第5回所沢市長杯全国女子社会人フレッシュバレーボール大会」が開催されました。
この大会には遠く鹿児島から北関東までの実業団のトップチーム、大学生、クラブチームの計十六チームが参加して熱戦を繰り広げました。
前日には選手までが協力して試合場準備に取り組み、夕刻からの交流会は、お馴染みの指導者や選手が、ライバル意識を燃やしつつも和気あいあいと抱負を語り合いました。
所沢市は、国体バレーボール会場となった体育館はあるものの宿泊施設が少なく、全国レベルの大会を開くのには苦労します。
この大会が5回目を迎えるのも小沢会長・新井副会長を中心とする所沢市バレーボール連盟の結束力や企業スポーツ環境が厳しい中を自前で参加する各チームのバレーにかける情熱の賜物です。
大会は、大阪のパナソニックESブルーベルズが見事に初優勝しました。

秋に相応しく各地域で文化祭

秋は文化の季節!所沢 やふじみ野、三芳をはじめ周辺市や都内などでも、団体・サークルによる様々な文化行事が開催され各会場とも秋の1日を楽しむ人達で賑わいました。
どの作品も力作ばかり、1年をかけてコツコツと完成させたものもあり感動させられます。
踊りやコーラスなども練習の成果を充分に発揮した出来栄えには感心させられ、茶会の一服にはとても癒やされました。

スポーツ体験を成長の糧に

年の瀬が迫り寒さの季節になると、少年野球各チームは、グランド納めや卒団式を迎えます。
小学生・中学生で主力を務めた選手たちも後輩に後を託してそれぞれ進学して行きます。
受験もありますが、持ち前の気力と体力で頑張って欲しいと思います。
野球はチームプレイですが、その一員としての選手各々が、個々の技量を高め責任を果たしての協力で成り立ちます。
こうして汗を流して学んだ体験を今後に活かして成長してください。

かわら版の発行について

2012年の11月より、時事問題や政局の変化などに対応してホットな情報やコメントを発信するために、ブログに日々感じたことや活動報告を載せさせていただいております。ぜひご覧ください。
つきましては、「かわら版」の紙面による発行は、原則として季刊とさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

ブログアドレス http://ameblo.jp/namikimasayoshi/
ホームページアドレス http://www.namikimasayoshi.jp/

並木正芳の名前からも検索できます。