並木正芳の政策宣言

並木正芳

国内外ともに多難な時、時代の変化や市民のニーズに応えるためには、市民・企業・行政が互いに連携し知恵を集めて、創意工夫を活かした元気あるマチを築いて行かねばなりません。 そのためには「市民が主役の開かれた市政」でなければ声も知恵も集まりません。独善的な市政運営では、大事な市民サービスを行う行政がトラブルや遅滞、無駄な経費を費やすだけと痛切に感じます。 私は、ここ所沢で生まれ育ち、これまで所沢市議・埼玉県議・衆議院議員・政府政務官などを務め、市・県・国の政治と行政の経験を積んでまいりました。 所沢をこよなく愛する皆様とともに、今日まで歩んで来ました。 これまでの政治経験や実績、多くの方々との出会いで培った成果を発揮して『愛郷無限の精神』で、誰もが安心して暮らせ、明日を担う子供たちが誇りに思える「ふるさと所沢」をつくるため、一党一派に偏らない「チェンジ市政‼市民連合」の結集を呼びかけ全力を尽くしてまいります。 皆さん所沢を変えるために手をつなぎましょう‼  皆々様のご理解とご支援ご協力を切に切にお願い申し上げます。

◆すべての市立小中学校にエアコンを設置、災害避難拠点施設に活用する

近頃の暑さは、気候は異常であり精神論で暑さに耐えることを押し付けるのは無理があります。リースなどの方法を活用して早急にエアコンを設置します。

◆強制的な育休退園を取り止めます。

突然退園を強いるのではなく、保育ホームヘルパーや育児のベテランによる相談員制度などを整備し、バックアップ体制を整えた待機児童対策を進めます。

 少子化が進む今、市の宝である子どもを安心して産み、育てられるよう子育て世代や子ども達に温かい市政にします。

◆環境保全!ふるさと所沢の緑を守ります!

「マチに並木を!」合言葉に雑木林の保全や街路樹、公園や花壇などの都市緑化を進め潤いのある街をつくります。また、川辺の散歩道を整備して市民のふれあいの場所にして行きます。

◆バリアフリーの街をつくります!

 お年寄りや子ども達、障がいある人、みんなにやさしい安心安全の街、若い人たちも住みたい、住み続けたいと思う街をつくります。

◆地域経済を活性化!

地域ブランドの開発・地元産品の地産地消、先端産業の誘致・中小企業の強化、体験型観光農業などを推進し、ビジネス機能と雇用拡大で、地域経済を活性化させます。

◆道路の安全・アクセス強化を進めます!

10年も前に当時の防衛庁長官が返還を明言。既に完成していなければならない「米軍基地東西連絡道路」を早急に完成します。

右折レーンの整備などで効果の大きい「渋滞緩和重点箇所を選び、優先的に改良します。

所沢東西の道路網を整備してアクセスを円滑にし、移動時間の無駄を減らします。

◆スポーツ・文化コミュイティを推進します

スポーツや文化活動を盛んにして仲間づくりや地域の連帯感づくりに活用します。青少年のスポーツや自然学習などの体験型を教育を重視、明日を担う力を健全育成していきます。また、温水プール・宿泊施設などを整備して交流の輪を広げます。